2019年07月14日

センニンソウ(仙人草)の花

07センニンソウ7598.jpg


07センニンソウ7601.jpg


07センニンソウ7599.jpg


07センニンソウ7600.jpg


海岸にセンニンソウの花が美しく咲いていました。

「果実に生える綿毛を仙人のヒゲ」に見立てたのが名前の由来と言われています。

花弁のように見えるのは萼片。

真っ白い花が、太陽に光を集めて眩しく光って見えます。

こんなに綺麗ですが(綺麗だから?)、有毒です。

葉や茎の汁に触れると皮膚炎、

万が一、誤って食べると胃腸炎や嘔吐、

多量に食べると生命の危険があるそうです。




【センニンソウ(仙人草)】
学名:Clematis terniflora DC.
別名:ウマクワズ=馬食わず・クレマチス
キンポウゲ科、 センニンソウ属
つる性、半低木。
posted by パイン at 09:43| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。