2019年08月10日

屋久島でツバメが最初に巣を作った場所

0808ツバメ4507.jpg


08ツバメ4513.jpg


08ツバメ4509.jpg


ツバメの赤ちゃん。

可愛いですね〜〜〜〜〜〜〜〜。

癒されます。今年二度目の産卵。


この場所に初めて巣を作ったのは、昭和31年。1956年!

それから、なんと63年、毎年同じ場所に巣を作っているそうです。

それまでは、屋久島でのツバメの巣作りは観察されておらず

当時の新聞に掲載されたそう。


二年ほど前に、小学生が巣を遊び半分で落として、

雛が亡くなってしまい、見守っていた人間のお母さんは、

大変に悲しまれていましたが、

翌年、また巣を作ってくれたそうです!

嬉しいことです。


08ツバメ母親4502.jpg


お母さん

08ツバメ兄弟4497.jpg


第一弾で巣立った兄弟かな?

夕方には10羽根ほど集まってくるそうです。


動植物の純粋に生きている姿には、

いつも癒されます。

ありがとう。



posted by パイン at 08:02| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。