2020年03月10日

浜払子 (はまぼっす)の花

0303浜払子 (はまぼっす)6678.jpg


0303浜払子 (はまぼっす)06680.jpg


0303浜払子 (はまぼっす)06679.jpg


海岸の植物。

浜払子 (はまぼっす)の花が咲き始めました。

花期は5-6月ごろとなっていますが、

屋久島は、ほぼ通常の花期よりも早く咲き始めます。

岩場の厳しい環境に咲く、海岸の花たちにも

いつも感心しちゃいます。

しっかり根を岩にはり、ちょっとやそっとじゃ揺らがない存在!


花序のようすを「払子(ほっす)」に見立て、浜払子という名前。

※払子(ぼっす)とは、柄に獣毛や麻などを束ねたもので、

元々は蚊や蝿や塵を払っていたものが、禅宗の僧侶が振る法具となった。



「払子(ほっす)」というものを知らなかったので、

この花の名前の由来を調べて、初めて知りました。

花の名前に教えてもらう、新しい言葉もたくさんあります😀


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。