2020年05月25日

土器を野焼き 横峯縄文クラブ

0524縄文クラブ8933.jpg


昨日は、屋久島安房にある、横峯縄文クラブにて土器の野焼き。

前もって成形していた土器をそれぞれ持参。

粘土は、遺跡周辺の粘土と砂を混ぜたもの。

時折、雨。

みんなでタープを広げて火を守りながら、

無事、焼きあがりました。

原始的な方法での陶芸。とても楽しかったです。

そして、自分で作ってみると、いかに本物の縄文土器の完成度が高いか、

と更に驚きます。すごい技術!

縄文布_6534.jpg


横峯縄文クラブさんの活動、とても興味深いです。

屋久島の植物で編まれた縄など。

こうゆう自然と共に生きる知恵、もっと知りたいです。


屋久島経済新聞の2017年の記事
屋久島横峯遺跡に竪穴式住居復元 カヤとカズラと雑木の自然素材使い
posted by パイン at 10:26| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。