2020年08月11日

仙人草(センニンソウ)

07センニンソウ9569.jpg


07センニンソウ9568.jpg


07センニンソウ9566.jpg


仙人草(センニンソウ)

別名 ウマノハオトシ(馬の歯落とし)、ウマノハコボレ(馬歯欠)、
   ウシクワズ(牛食わず)、ハコボレ(歯欠)、ハグサ(歯草)

毒草。

葉・茎の断面の汁液に触れるとかぶれたり、水泡が出来ることがあるそうです。

10月頃に根及び根茎を掘り出し、水洗いした後、乾燥したものが生薬 「ワイレイセン(和威霊仙)」と

呼ばれるものですが、その利用例はわかっていないそう。

毒性が強いので、民間では飲まないようにとのことです。(参照:日本薬学会)


花が終わった後の果実が白くて長い毛に覆われていることから、仙人草。

花言葉:安全・無事・溢れるばかりの善意。

日本に自生するクレマチスの原種だそうです。


クレマチスも綺麗ですが、ワイルドな野の花も美しいですね。





posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。