2020年08月14日

甘い香り・ホワイトジンジャーの群生

08ホワイトジンジャー09666.jpg


08ホワイトジンジャー9665.jpg


近くのホワイトジンジャーの群生が、今年もお見事!

ハワイではアヴァプヒ・ケオ・ケオ(Awapuhi Keo Keo)

英名では、 ジンジャーリリー / ホワイト・イエロージンジャー / ホワイトバタフライ

日本ではハナシュクシャ(花縮砂)との名前も。



ハワイの結婚式では、いくつものホワイトジンジャーのレイを花嫁の首にかけて、

豊かな香りで花嫁を祝福するそうです。

香りで祝福って素敵ですね〜〜〜〜。

また、ホワイトジンジャーの球根から搾り取った液で、髪を洗っていたとも言われているそう。

参照:ホワイトジンジャー、可憐な花姿と甘い香りでハワイの人々に愛されている花


つぼみの部分はエディブルフラワーとして酢の物にしたりしての生食可能。

また、お酒に香りを移して楽しむこともできます。

08ホワイトジンジャー09663.jpg


08ホワイトジンジャー09664.jpg


一輪いただいて、部屋に飾っているだけでも、

甘い豊かな香りが部屋中に広がります。

大好きな香りです。


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。