2020年09月15日

テナガエビの交尾

09テナガエビ交尾7108.jpg


09テナガエビ7121.jpg


薄暗い林床の川に、テナガエビが交尾していました。

時々、メスの体に水を送ったり、とても興味深くてしばらく見ていました。

メスが、脱皮して間がない殻が柔らかい時に、交尾するようです。

テナガエビの交尾 屋久島 yakushima




↓こちらは、立派な腕を持ったミナミテナガエビ。

成熟したオスなんでしょうね。

0907テナガエビ7177.jpg


0907テナガエビ7176.jpg



参照:テナガエビの手はなぜ長い?生態・釣り方・飼育まとめ! TSUIRI HACK

腕が長いのは”成熟オスのみ”が、産卵期のメスの体を守るためと言われています。

この腕で、メスを守るんですね。

男前!


興味深い瞬間を見られて嬉しいです。


参照:テナガエビの交尾(交接)河川下流域産 その三 エビ・ギャラリー 淡水エビ各種の形態や行動(写真と解説)


posted by パイン at 06:46| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。