2021年01月08日

鬼火焚き

0107鬼火焚き1122.jpg


0107鬼火焚き1124.jpg


0107鬼火焚き1126.jpg


昨日は、平野地区での鬼火焚き。小雨降る中、無事行われました。

竹などで組まれた櫓の上部に、凧のようなものに描かれた鬼の絵を掲げ、燃やします。

鬼火焚きは、正月飾りについてきた悪霊(鬼)を追い払う鹿児島地域の伝統行事。

鬼(悪霊)を退治し、地域の災害防止、無病息災を願う意味が込められています。

数え年7歳の子どもが火を入れます。

今年は三人。


鬼火焚き 平野 屋久島 yakushima




爆竹、竹、バチバチの木などが爆ぜる音が響き、迫力満点。

火と音の力すごいですね!




残り火で、「バチバチの木」(海岸近くに多く生えているウバメガシ)の枝を燃やしたものは

持ち帰って玄関先に飾ると、1年の魔よけになるといわれています。





鬼火焚きは、各集落ごとに行われ、微妙に櫓の作り方が違ったりしています。

また、夜には子供達が各家庭を回る「祝い申そう」が行われる地域も多くあります。

平野集落は、子供が少なく祝い申そうは行われていません。


去年の記事 →2020年01月08日 祝い申そう 栗生の祝い申そうです

各集落によって歌が違います。





posted by パイン at 12:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。