2010年01月25日

原集落防災訓練、村づくり青空市

原集落で、1月24日(日曜日)午前8時から防災訓練、10時半から原区と原区づくり委員会主催のはるお村づくり青空市が開催されました。
防災訓練にはたくさんの方が参加してAEDの取扱説明、炊き出し用ポリ袋を使った非常食の作り方と試食、消火器の取扱体験がありました。
集落の各班ごとに避難集合場所にあつまり、避難場所の原区グラウンドに集まり実施されましたが、普段は、体験するAEDや消化器の取り扱い訓練、炊き出しの作り方説明、試食に参加できて勉強になりました。

R0012489.jpg


炊き出し用耐熱ポリ袋を使ったご飯の炊き出し
R0012504.jpg


青空市では、大根、白菜、にんじん、ゴボウなどの採れたての各種野菜やミカン、バナナなど果物、団子などの直売、温かいイモ汁の炊き出しがあり、新ジャガイモ、タンカン、コーヒーの木のオークションが行われました。
野菜などは、たくさんの生産者が出品していましたが、どんどん売れていき1時間ちょっとで完売していたようです。
会場では、環境保全の水土里サークル活動の写真展示もおこなわれていました。

販売開始前の様子です。
R0012492.jpg


暖かいイモ汁
R0012508.jpg



オークションは、名前入札金額を書いて、上位入札金額のひとから落札する方式で2回行われました。
私は樹齢10年のコーヒーの木と新じゃが5kgをを落札出来てたいへん満足でした。

樹齢10年のコーヒーの木(実が付いてます)
オークションで落札できました。
R0012509.jpg


朝からの防災訓練、青空市、午後からのコーヒーの木植樹と充実した休日を過ごせました。


posted by パイン at 08:33| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | Kei の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

原集落の鬼火焚き

 1月7日のブログにmumuさんが安房の鬼火焚きを紹介されていますが、原集落では今年は1月15日の小正月の日に行われました。

 午後5時からということで、5時に仕事を終えて会場の原漁港に向かったのですが、5時半頃に着いた時には既に鬼火焚きはほとんど終わっていました。

P1156960.JPG



 鬼火焚きの点火前に披露された ”ごちょう踊り”と鬼火焚きの炎が高々と燃えさかる様子を見れなかったのが残念でした。

 鬼火焚きの会場から家路に向かうたくさんの人たちとすれ違いながら会場に行ってみると笹、椎の木の枝と小さな薪がカズラでくくられた物が置いてあり近くの人に聞くと鬼火焚きの炎で少しだけ燃やして持って帰る縁起物だと言うことでした。 
 他の集落の鬼火焚きでは、竹や木の燃え残りを少し持って帰るそうですが、これは花束の様になっていて部屋においておくのに良いです。
 1つ頂いて来ましたが、何処に飾って、いつまで持っていたらよいのか詳しくわかりません。 今は部屋の壁の高い所に飾っています。

R0012468.JPG


 鬼火焚きは、日にちが決まっており平日だと仕事が有るため、準備作業に参加する事も難しいのですが、去年の暮れに就職した職場や仕事に慣れて来たら休暇を取って準備や行事に参加して集落の伝統行事の継承に微力ながら協力出来たら良いなと思います。

posted by パイン at 15:52| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | Kei の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

屋久島の正月飾り

原在住のKeiです。

明けましておめでとうございます。

ことしも時々、ブログを書かせていただきます。
よろしくお願い致します。

 結構良い年をしているKeiですが、正月飾りをして良い日にち、時刻があることとを昨年末に初めて知りました。

 インターネットで調べると、12月27日、28日、30日に飾るのが良い様です。

 さらに、屋久島独特かもしれないのですが、これらの日にちでも、潮の干満に合わせて、干潮時か満潮時に飾り付けると言うことでした。
 干潮の時だけとか満潮時の時だけに決まっていると深夜とか明け方に限定されたりするので、昼間に飾れる様に干潮時か満潮時と柔軟に設定されているのでしょうか。
 (たぶん、潮の動きが穏やかな時に飾り付けるのが良いという事かもしれません。)

 私の職場でも、正月飾りは、28日には用意されていたのですが、月末が多忙な為、30日のお昼の干潮の頃に玄関と自動車のフロントに正月飾りが取り付けられました。

R0012416.JPG



R0012415.jpg



 屋久島では、鬼火焚きという正月の行事が各集落で開催されますが、その時に、正月飾りは鬼の人形とか絵と一緒に焚かれる様です。

 ところで、今、ブログを書いていて気になったのですが、正月飾りを取り外す時も日にちとか時刻とかを気にするのでしょうか?
職場で聞いてみようと思います。


(Kei)

posted by パイン at 07:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Kei の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

冬の花火

 原集落のグランドで、クリスマスイブの12月24日夜7時から花火大会がありました。

 本来は、夏の盆踊り大会で打ち上げる予定だった様ですが、諸事情で盆踊り大会が中止になり花火の打ち上げも延期になっていて、12月24日に打ち上げることになったようです。
 
 花火は全部で50発くらいが約20分間で打ち上げられました。
 24日の夜は、先週末の寒さに比べるとかなり暖かいほうでしたが、さすがに花火の季節ともいえる夏の夜に夕涼みがてら大勢の人が押しかけるという状況ではありませんでした。

 でも、この時期の花火は初めて見ましたが、冬の澄んだ空気の中で真っ暗な空にぱっと広がる花火は、いっそう輝きが感じられてたいへんきれいでした。

R0012360.jpg


R0012363.jpg


R0012382.jpg


R0012397.jpg

(Kei)
 
posted by パイン at 10:53| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Kei の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

屋久島の冬

 12月19日、20日は寒波がやって来たせいか屋久島もかなり寒かったです。
 屋久島では最近、凍結や積雪で宮之浦〜白谷雲水峡線や屋久杉ランドから荒川三叉の道が交通規制されているという放送がたびたびされています。
(通行止め等の交通規制は、気象状況等により日にちや時間帯等で通行止め規制、解除等がされる様です。 これらの道路を通行する予定がある方は、関係機関等にご確認ください。)


 移住して初めての屋久島での冬を体験していますが、さすがに高い山に登山でもしない限り、屋久島南部で雪を見ることは無いかなと思っていました。

 21日の朝、仕事で栗生集落に行く途中に山に雪が降っているのを見つけたので、昼休み時間に山の雪が見える所まで行って写真を撮ってきました。

R0012340.jpg


 写真を撮った場所は、尾之間から小島方面に少し行ったところで、屋久島いわさきホテルが見える県道沿いです。
 積雪は少ないですが、雪景色になっているのは、割石岳、耳岳のあたりの様です。
 もっと奥深い宮之浦岳などの山々は、積雪がもっと多いのかなと思ったりしました。

 屋久島の冬は、天気が良く風が無い時の昼間は、日差しが暖かくて気持ちよいですが、北西の風が強い日や朝晩はさすがに10℃を下回る気温になり、寒さ対策が必要だと思いました。

(Kei)

posted by パイン at 07:20| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Kei の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

原集落のイルミネーション

 原集落の ”やまんこ公園” に12月初め頃からきれいなイルミネーションがあるのが気になったので写真を撮ってみました。

R0012300.jpg


 実際に見ると結構迫力がありきれいですが、写真ではもう一つ迫力がでませんでした。

 今年もあっと言う間に残すところ半月になってしまいましたが、景気がいっこうに回復する気配もなく、時々閉塞的な気分になったりしますが、時には豪快なイルミネーションを見て気分転換をするのも良いなと思いました。

R0012306.jpg


R0012337.jpg


 やまんこ公園のイルミネーションの他にも個人のお宅でもイルミネーションを点灯している家庭も見かけます。
 屋久島の夜は、都市部と違って月夜でもないと真っ暗闇になるところが多いので、この時期のイルミネーションはいっそう映える様です。
 やまんこ公園を通りかかった際には、是非車を止めて、イルミネーションの輝きを楽しんでみてください。

(Kei)

関連記事:
>>Xmasの島で
 
posted by パイン at 14:17| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Kei の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

和食の海舟

 久しぶりにKeiの食べ歩きレポートです。

 少し前になりますが、宮之浦の和食の海舟に行きました。
 場所は、Aコープ宮之浦店の近くで、Aコープ宮之浦店から谷雲水峡方面に100mくらい行ったところです。

R0012263.jpg


 屋久島では、地元の魚を食べる機会が多いですが、スーパで買うと単品になりがちです。一度にたくさんの種類のさしみを食べるには、ご飯屋さんで食べる
と手軽です。

 今回は、さしみ定食に単品メニューのみずいかげそ天と手羽中を追加しました。

R0012255.jpg


R0012257.jpg


R0012260.jpg



 さしみは7種類ほどの盛り合わせで、他に茶碗蒸し、つけあげ(魚のすり身を揚げげた物)などが付いていてたいへん美味しかったです。
 
 (Kei)
 
posted by パイン at 07:47| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Kei の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

屋久島クリーンサポートセンターのリサイクル品即売

 宮之浦に在る、屋久島広域連合 屋久島クリーンサポートセンターで町が収集した粗大ゴミの中から使えそうな物の即売するということだったので行って見ました。

 同様の催しは、2年前に尾之間の産業際で行ったそうで、屋久島クリーンサポートセンターでの開催は今回が初めてだそうです。



 期間は、11月25日(水)から11月28日(土)まででしたが、仕事の都合で最終日の28日(土)午前中に行きました。

 今回は自転車、家具、バッグ、電気ストーブ、電気あんか、ゲーム機など約280点準備したとの事でしたが、ほとんどの物は、初日に引き取られ、最終日に行ったときには、10数点程が残っているだけでした。

 値段は0円(無料)〜1000円までになっており、自転車などは、お買い得だった様です。

PB286427.jpg


PB286428.jpg

 残り少ない物の中から、200円の額縁、無料の電話機用延長コードなど数点を手に入れました。

PB286426.jpg

 粗大ゴミをそのままゴミとして処分せずに使えそうな物が格安で必要な人の手に渡ってまた使える様になることは、良いことだと思いました。

 粗大ゴミの収集や使えそうな物を選別する作業は、たいへんだと思いますが、また近いうちに今回の様な催しを開催してほしいです。
 次回開催される時には、是非初日に行って、自転車などを手に入れたいです。 

(Kei)

関連記事:
>>クリーンサポートセンターへ行ってきた
 
posted by パイン at 08:06| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Kei の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

夜ごもり

 原のKeiです。
 お隣の麦生集落で、伝統行事の夜ごもりと言う伝統行事があったそうです。

 屋久島では、それぞれの集落で夜ごもりという行事はあるようですが、今回の麦生集落の夜ごもりは、M子さんの話によると青年男性と女性が知り合う場だったようで、本当は私も伝統行事と聞いて参加してみたかったのですが、他の集落の男性はちょっといけないみたいだ
よということだったので残念でした。

 では、M子さんの夜ごもり体験レポートをお読みください。

神社.jpg


 麦生集落の夜ごもり

 旧暦の10月30日にあたる11月16日に麦生集落で夜6時半から12時頃まで夜ごもりという青年団による伝統行事が行われた。
 今年の青年団長さんにお話を伺った。

 10月は神無月ともいわれるように神様がいない月。神様は、どこへ出かけるかというと出雲。出雲といえば縁結びの神様。
 昔は交通事情が悪かったため男女の出会いの場が少なく、男女の出会いは限られた範囲であったそうだ。

 そのため年に二回行われる夜ごもりは男女の出会いの公然の場だったという。そのときに誕生したカップルも少なくないという。若い男女が集まり飲み食いしたのが夜ごもりのはじまりだった。
 16日に行われた祝宴は神様が出発するという前祝い。
 12月15日に行われるのは神様が帰ってくるお祝いだそうだ。

会場1.jpg

 いずれも神社で青年団長さんがお神酒をまつりお参りし神社の隣にあるお寺が会場となって宴が始まる。

 本来は神社で行うそうだが喪中の人がいる場合はお寺で行うのだそうだ。(麦生のみ。他集落は喪中の人がいたら夜ごもり自体行わないそう。)

 畳の部屋で鍋を囲んで総勢男女22人が集まった。(男性14名女性8名)そのうち独身男性が6人という。

キムチ鍋とさしみ.jpg

 麦生に独身女性の参加が少ないため今年は初めて他の集落からも移住者の女性を招いた試みだった。
 既婚男性は独身男性の応援?で出席。シャイな麦生の20代前半から40代前半の独身男性たち。

 はたして縁結びの神様の効果はあったのだろうか?
 この行事は他の集落でも行われるところもあるそうだ。今年は他の集落から女性を呼ぼうという画期的な青年団長さんのアイデア。

 せっかくなら他の集落と合同で開催するとか男女交代制でするとかまた違ったアイデアが生まれそうだ。
 ちなみに青年団よりも年代が少し上の人たちで結成するのが若草会という団体がある。飲み会はなくて主に奉仕活動をするそうだ。
 青年って何歳までか尋ねると56歳までだそう。

motokisan.jpg

  「合コンみたいな夜ごもり行事を全国に広めて次回の12月15日にはぜひとも島外からの飛び入り女性参加を期待しています」と青年団長さん。
 実は青年団長さん(32歳)もシャイな独身で彼女募集中だそうだ。



 なるほど、夜ごもりは現代版合コン、お見合いパーティですね。 
 私も独身男性なので合コンという言葉には反応してしまいます。 屋久島では移住者も地元の方も独身男性は多いみたいなので全国の婚活中の女性の皆様、ぜひ屋久島で夜ごもりに参加してみませんか!?

(Kei)
 
posted by パイン at 13:13| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Kei の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

第33回 町民文化祭 南支部

第33回 町民文化祭(南支部)が、11月21日(土)〜11月22日(日)に安房体育館と安房総合センターで開催されていました。
 テーマは、”Fusion 融合 ” です。

 11月21日(土)の午前中、体育館に展示発表を見に行きました。

R0012283.jpg

 開場の安房体育館には、書道、絵画、活け花、陶芸、彫刻などの作品がそれぞれの分野ごとに展示されており、力作の造形作品やすばらしい彩りの絵画、各学校の児童、生徒の豊かな発想や工夫の作品が多くて楽しめました。

R0012286.jpg


R0012284.jpg


R0012292.jpg

 初日の早い時間だったので混雑する程ではありませんでしたが、小学生や女性などたくさん来場されていました。 

 開場では、スペシャルライブや押し花体験、茶道体験などがそれぞれのスケジュールで開催された様です。

(Kei)

関連記事:
>>第7回屋久島愛子まつりと、町民文化祭
 
posted by パイン at 08:55| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Kei の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする