2018年07月19日

安房・花皐月のランチ冷麺

0719花皐月ランチ02.jpg


安房にある花皐月さん。

冷麺が美味しいと聞いて、食べてきました。

リンゴ酢を使用したスープと聞いて、どんな感じかな?

と思っていましたが、とっても美味しかったです。

まさに、夏の食事。

冷麺の上には、スイカとパイナップル。

こちらも、スープとマッチしていて、新鮮な美味しさ。

麺は半透明のコシがある麺(韓国でいうチョルミョンかな?)。

キムチとチャーシューも美味。

美味しいが詰まった冷麺でした。こ馳走さまでした!

0719花皐月ランチ.jpg


定休日の月曜以外は、日替わりで500円ランチがあります。

【屋久島御膳 花皐月】
営業時間 11:30−14:00(ラストオーダー 13:30)
毎週月曜定休日
TEL 0997-46-3293



posted by パイン at 12:52| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

サクララン(地元の通名:ホシラン)

0701サクララン・ホシラン.jpg


ホシランの可愛らしい花が咲いています。

ガガイモ科 サクララン属

地元の人は、『ホシラン』と呼んでいるよう。

いつもの、電気代集金の方に聞きました^^

0701サクララン・ホシラン02.jpg


花が咲く前は、わかりやすい星の形です。

つる性なので、庭のヤマモモの木を上に上にと大きく育っています。

花も見上げる高さに咲きます。

花の後の果実が熟すと、

それが割れて中から綿毛のついた種が飛びます。

庭にフワフワと綿毛が舞う様子は、とても幻想的です。



posted by パイン at 20:45| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

海が気持ちいい季節!

0717一湊海01.jpg


夏の空。夏の海。夏の色!

0717一湊海.jpg


0717一湊海02.jpg


海の中の水色に包まれると、とっても幸せ!

0715珊瑚.jpg


0715珊瑚02.jpg


古代文字のような模様のある珊瑚。

0715エイ.jpg


エイがいました。

もう、ウェットスーツ着なくても、寒くないです!

気持ちいい〜〜。

屋久島の夏は、本当に最高です。

夏って、苦手だったんですが、川も海もある屋久島だと

楽しく過ごせます。

自然の中で涼を取るのが一番気持ちいいですね。




posted by パイン at 17:24| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

ミヤマカラスアゲハの吸水と排水

0713ミヤマカラスアゲハ給水と排水.jpg


0713ミヤマカラスアゲハ給水と排水02.jpg


ミヤマカラスアゲハが吸水しています。

よ〜く見ていると、お尻から水を出していました。

このまま30分以上、この場所に。

↑上の写真二つに排水が写っています。

0713ミヤマカラスアゲハ02.jpg


0713ミヤマカラスアゲハ01.jpg


羽を広げた時のミヤマカラスアゲハの青色は、本当に美しいです。

吸水中は羽を閉じていました。

吸水するのは、若いオスが多いそうです。

暑い日に水を飲んで排水し、体温を下げている。という説や、

水から必要な栄養を摂取しているという説が見られました。

今後の研究によって、吸水行動については解明されてゆくことでしょう。

ミヤマカラスアゲハの吸水と排水 屋久島 yakushima








posted by パイン at 19:15| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

原種のパッションフルーツ

0715原種のパッション.jpg


原種のパッションフルーツをいただきました!ありがとうございます!!

とってもいい香り!

スーパーなどでよく売られているのは、もっと大振りですが、

こちらは、小振り。

どれを切っても実がぎっしり詰まっています!

おいし〜〜〜〜〜。

ハワイでは、パッションフルーツのことをリリコイと言って、

リリコイバターを作るそう。友人が作っていたのを味見させてもらいましたが、

とっても美味しかったです!!

幸せの味。




posted by パイン at 12:28| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

天の川の季節!

0713天の川火星山羊座.jpg


昨日、寝ようと思って窓の外を見たら、

満点の星空!

新月で月の明かりもなく、思う存分、星たちが瞬いていました。

思わず、庭に出て撮影。

何回見ても感動する星空です。



天の川の左に見える明るい星は火星。

その周辺は山羊座のようです。

私は山羊座なので、なんだか嬉しかったです!



最近は、スマホやタブレットのアプリを起動させて空に向ければ、

星の名前を教えてくれるから便利になりましたね。

posted by パイン at 18:42| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

斑入りの月桃

0624月桃.jpg


数年前、友人に分けてもらった斑入りの月桃。

とても大きくなって、花を咲かせてくれています。

0624月桃蕾.jpg


これは、花開く前の蕾。

0624月桃ツボミ.jpg


なんだか色っぽいです。

0702月桃と蟻.jpg


そして、開花すると、いろんな種類の虫たちがやって来ます。

0702月桃と蝶.jpg


0702月桃と虫.jpg


0626月桃とアゲハ.jpg


0626月桃と蜂.jpg


0706月桃と蜂.jpg


0708月桃とセセリ蝶.jpg


やってくる虫たち、全種類、写真に撮りたかったんですが、

結構、動くのが速くて、諦めたのも何種類かいます。

虫たちのユートピアのような月桃の周りの世界です。




posted by パイン at 20:22| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

ネムノキの花

0710ネムの花.jpg


0710ネムの花06.jpg


0710ネムの花04.jpg


0710ネムの花02.jpg


0710ネムの花05.jpg


0710ネムの花03.jpg



ネムノキの花が綺麗です。

なんとも言えない繊細さで、刷毛のような花で、周りの景色と溶け合っているかのよう。

好きな花です。

ネムノキ(合歓の木・ねんねの木・眠りの木)

豆(まめ)科  ネムノキ属

葉っぱはオジギソウの葉っぱにそっくりですが、触っても閉じません。

夜になると、自力でゆっくり閉じます。

「七夕」の日に、合歓の木の枝と大豆の葉を川の流れに流して、

邪気をはらう「ネム流し」という行事があるところもあるそうです。(出雲地方・鳥取付近の農村)

美智子皇后陛下が作詞された、「ねむの木の子守歌」という歌もありますね。



【ネムノキの語源・由来】語源由来辞典

http://gogen-allguide.com/ne/nemunoki.html

一つの花を人間が見て、感じて、いろんな物語が生まれてきますね。




posted by パイン at 20:34| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

トビウオと片栗粉の麺。とびうどん。

0711トビウオうどん.jpg


九州南部、梅雨明けしました!



安房A-coopの隣。屋久島漁協特産品加工センターにて、先日、とびうどんを頂きました。

0711トビウオうどん06.jpg


この麺は、とびうおのすり身と、片栗粉で、何度も試行錯誤しながら完成したそう!

小麦アレルギーの方でも食べられます。

出汁も、いいお味。

海鮮丼の付け合わせの、とびうおのマコも、バジル風味で、美味しかったです!

海鮮丼も、盛りだくさんで美味。

地元の方はもちろん、観光客の方にもオススメです!

お店の漁港の方も、明るくて、ふんわりしててリラックスできます。



毎週 木・金・土 午前11:30 - 午後1時30分までの営業。

海鮮丼、とびうお漬丼などもあります!

0711トビウオうどん07.jpg



0711トビウオうどん05.jpg


0711トビウオうどん04.jpg


0711トビウオうどん02.jpg


0711トビウオうどん03猫.jpg


店の外には、ニャンコがいっぱいいます^^



posted by パイン at 20:23| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

季節最後のタケノコ 大名竹

0628ダイミョウタケ.jpg


沖縄に近づいている台風の影響で、フェリー欠航の屋久島です。

遠くの波の音が家まで聞こえてきています。

蒸し暑い一日。



いろんな種類のタケノコがニョキニョキ育ち、

これが季節最後のタケノコです。

ダイミョゲケ。

名前の由来は、殿様が「これはうまい」と太鼓判を押したということに始まるそう。

地元の方も好きで、毎月会って話をする、電気料金集金の方も

『ダイミョウダケは出てるか?』と聞いていました。

この地元の方のお話を毎月聞けるのが楽しいです。

子どものころを、屋久島で過ごして、その後、大阪に長年いらした方ですが、

子どもの頃に体で覚えた、自然の知識は古びることがありません。



太陽など自然の中にある、一番古いものが、一番新しいという

まど・みちお さんの「どうしていつも」という詩を思い出します。





posted by パイン at 13:34| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする