2009年12月07日

屋久島環境文化研修センター

こんにちは。るるらです。

土日の5,6日、屋久島環境文化研修センターへ小学校の親子レクリエーションで行って来ました。

レクと言っても研修ですから、なかなか中身の濃い、ギュッと詰まった日程で、想像していたのと違い、ボーっとする時間は無く忙しかったです。

先ず、11時に永田を出発して、12時に着き、お昼を食べたらすぐにヤクスギランドへ出発!

ランド虹.jpg

ヤクスギランドへ行く途中、出た虹

研修センターの趣旨が「自然の大切さを学び、自然と人間の関わりを学ぶ」というもので、ヤクスギランドでの観察、学びはとても重要です。

センターの方が、50分のコースを2時間かけて丁寧に説明してくださり、ものすごく勉強になりました。
杉の話は、色々なところで語られていると思うので、面白かった”マムシ草”のご紹介をします。

マムシ草は、茎の部分がマムシの模様に似ていることから その名で呼ばれていますが、一本の株が年によってオスになったりメスなったりするのです。メスの場合、今の時期 子孫を残すための赤い実を成らせます。
ところが、実を成らせるというのはとてもエネルギーの要る仕事で、翌年はエネルギーを蓄えるため、お休みしてオスになるというのです。
オスになると実は成らせません。そして、また力が蓄えられてきたらメスになるのです。それは、蓄えられた加減によるので、翌年とは限らないようです。

なんという、柔軟性でしょう!!
そして、やっぱり植物にとっても子どもを生み育てるって大変なことなのですね。

ああ、マムシ草のように 人間も一生の間で男にも女にもなれたらいいのに、と思いません?
両方の大変さを 身を持って体験したら、お互いに相手を思いやれて、やさしい気持ちで生活できるし、世界中がもっとハッピーになるのじゃないかしら?

「世の摂理は すでに自然の中に在り、人類の歴史は そこに気付き、学んでいるに過ぎない」といわれますが、その一端を肌で感じた2日間でした。

ネックsレス杉.jpg

体験教室で作った屋久杉のペンダント
 
posted by パイン at 09:09| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | rururaるるら の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

文集作り

こんばんは。rururaるるらです。

今日の夜、小学校で文集作りの委員会がありました。
文化部委員の私は子供たちと夕食後7時半からの集まりに行ってきました。

せんだん.jpg

永田小学校では、「せんだん」という親子文集を毎年作っています。
もう、35年ほども続いている伝統のある文集で、親と子の作品を1作品ずつ載せます。
読書感想文か創作文学作品(詩など)ということで、それぞれが書いてもよし、
子の感想や詩に、親がコメントを書いてもよしです。

夏休みに原稿が配られ、夏休み明けに提出してもらいます。
今日は、提出された物の誤字や脱字チェック、汚れを消す作業などをしました。
もっとも、低学年の子は、小さな”っ”が抜けたり、意味が分からない文もあったりしますが、
それは、逆に思い出になりますし、この時代だから出せる”味”かな?ということで
”そのまま”としたものが多かったです。

子供の作品は微笑ましく、それに寄せる親のコメントには、
ジ〜ン、ジワ〜ンと来てしまいました。

原稿をそのまま印刷して、製本も委員の手作業で仕上げます。
小さな学校だから出来ることで、
こんな文集が いつまでも作り続けられたらいいなあ、と思いました。
 
posted by パイン at 22:59| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | rururaるるら の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

永田小学校の浜レース

今日は、永田小学校の浜レースの日でした。
その名の通り、永田の前浜で 子供たちがかけっこをするのです。

浜レース1.jpg

天気は晴れ、海は青く、白い砂浜も昨日の浜清掃のお陰で 落ち葉の他ゴミもなく
なんとも気持ちの良い日でした。

午前10時45分、学校から浜へ子供たち移動。
親たちも応援に駆けつけました。

浜レース2.jpg

11時05分、先ずは3,4年生が600mを走ります。 
 学校の校庭でも 3周強ある距離を、砂浜で走るのです。足が取られて走りにくそう。

11時10分、次は1,2年生が200mを走ります。
 速い!!みんな速い!距離は短いとはいえ、最初から最後までみんな全力疾走です。
 さすが、まだ純真な低学年の子供たちは、
 「疲れるから」 とか 「最後に力を取っておく」
 なんて邪念は微塵もないようです。う〜ん。考えさせられるなあ。
 
11時15分、最後、5,6年生がなんと1000mを走ります。
 普通の地面でもきつい持久走の距離です。走れるか?
 先ず、西へ行き折り返してきて、そのまま北へ走りまた折り返し、スタート地点まで戻ってきます。
 快調にスタート。でも、走る姿が遠くなり、豆粒ほどになっても折り返す気配がなく
 一体どこまで行くのやら?
 やっと折り返たらしく帰ってきたのを見ると、我が真ん中ちゃんは、
 全体で4位、女子で1位に着けていました。
 毎日、砂浜を走っていた甲斐があったようです。

浜レース3.jpg

やはり、普通の地面を走るのとは勝手が違うので、
いつものように速く、思うようには走れなかった子も居て 残念そうでした。
しかし、一人のけが人、棄権者もなく、みんな最後までガンバって走りぬきました!

素敵な姿を見せてくれた子供たち ありがとう。
屋久島らしい行事を用意してくださった先生方 お疲れ様でした。

が、その一方で永田中学は、期末試験初日の今日、熱を出し休んだ子が続出して、
学級閉鎖ではなく、学校閉鎖になってしまいました!
我が長男君もその一人、、、。トホホ、、、。これってやっぱりインフルエンザ?

るるらでした。
 
posted by パイン at 23:55| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | rururaるるら の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

無料流木配布

 こんにちは。rururaるるらです。

 11月24.25日の2日間にわたって町民に流木の無料配布がされました。
事前申し込みが必要で 11月13日までに役場に申し込んだ人のみの配布でした。

流木1.JPG

安房と一湊の2箇所に分けられて置かれ、どちらに取りに行ってもいいということでした。配布の仕方は早い者順。
両日とも朝の9時から午後の4時までに 木を載せられる車で取りに行くだけです。

 勿論、私は申し込みました!
こんな大きな木、貰ってどうするの?と自分でも思ったのですが、
庭の椅子にもなるし、テーブルにもなるし、子どもたちが工作したり、何か彫ったりしてもいいかなあ。
なんて、夢膨らませています。
どうしてもダメなら最後は薪にして、子どもたちと焼き芋でもしようと思ってます。
 わんさか、サツマイモは畑に植えましたから、バッチリです!

 しかし、役場の方にはお手間をおかけいたしますが、こんな企画いいですよね。屋久島らしいし。ごみを出さず再利用という、精神が素晴らしい!!

これからも、こんな企画、どんどんやっていただきたいです。
ありがとうございます。
 
posted by パイン at 09:04| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | rururaるるら の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

小中合同仲良し音楽会

こんにちは。rururaるるらです。

11月19日、宮之浦の屋久島離党離島開発総合センターで
『小中合同の仲良し音楽会』 が開かれました。

永田小.jpg

子どもの歌声は いつ聴いてもいいですね。
一生懸命歌っている子、あがってしまって早くなってしまった子、
音をはずしてしまった子。楽しそうに歌っている子。
色々な子の 必死に精いっぱい生きている ”今”を、 
垣間見ることが出来て、本当に感動でした。

安房中.jpg


プログラム.jpg

何度も涙がこみ上げてきて、「ああ、涙もろくなって、私も年を取ったなあ。」
なんて思いながら、心、洗われた2時間半あまりでした。

しかし、ちょっと気になったことが・・・。
センターに 始まる時刻ちょうどに着いた私は、
一歩会場に入ってギョッとして足を止めてしまったのです。
なんと!生徒のみならず、保護者の方、その弟妹までが全員
不綿布のマスクをしていたのです。

どの顔にも、どの顔にも、四角い大きなマスクがはまっていて、
同じ方向を抜い向いて座いる様は まるで未来の宇宙映画を見ているようでした。
何か 不気味なかんじ・・・。

ああ、ごめんなさあい。勿論、分かっているのです。
インフルエンザの対応策であること。
「マスク エチケット」といって日本中マスクの着用を呼びかけていること。
生徒たちの分は、学校がすべて支給してくださったこと。

しかし、やっぱり、こわかった!
400人近い人間が、みんな同じ様相をしているなんて!
びっくりしません?!


開催にあたり、準備したり、いろいろ心配したりしながら、 
それでも、音楽会を開こうと 心を砕いてださった関係者の皆様のご苦労には、本当に 感謝いたしております。

それは、そうなのですが、やっぱり ふと考えてしまうのです。
念入り過ぎる予防は、予防接種のように、
結局は 人間の生きる力を削いで行ってしまうのではないか?と。

その答えはすぐに出るものではないかもしれません。
この子たちが大人になって、またその子どもたちが育つころに分かるのかも・・・。
 
posted by パイン at 06:00| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | rururaるるら の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

サイエンスマジックショー

マジックショー.JPG

12日、永田の小中学校で、『実験名人 ベルマーク科学実験教室』が行われ、生徒とその保護者にサイエンスマジックショーに参加の機会が与えられました。

実験をしてくださったのは島根大学名誉教授・出雲科学館館長の曽我部國久先生(サイエンスレンジャー)です。

ヘリウムの吸引で声が変わったり、液体窒素の中に菊の花やバナナを入れて瞬間冷凍させたり、いつかテレビなどで見た実験が目の前で次々と繰り広げられました。

生菊.JPG  凍った菊.JPG

大人も子どももその度、「おおー!」とか「ワア!」とか感嘆の声を上げ、あっという間の一時間でした。

一番人気だったのは凍ったマシュマロ新月

パリパリの菊.JPG  マシュマロ.JPG

凍ったバナナは舌にくっつくので解けるまで食べちゃダメだったのですが、マシュマロは食品の特性上完全に凍らないせいでしょうか、液体に2秒ほど入れた後すぐ取り出して食べてよろしいということで、一番長い行列が出来ていました。わーい(嬉しい顔)

実験もさることながら、一番印象に残ったのは、
「新しいことに出会ったとき、怖いといって逃げるのではなく、
 ”どんなかな?どうしてかな?”と興味を持ってやってみること。」
と先生がおっしゃったお言葉でした。

貴重な機械をお与えくだっさったスタッフの皆さま ありがとうございます。

るるらでした。
 
posted by パイン at 06:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | rururaるるら の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

第2回屋久島駅伝

永田からこんにちは。rururaるるらです。

今日は、第2回屋久島駅伝でした。
平成19年に上屋久町と屋久町が合併し屋久島町になったので
駅伝も統合され、”屋久島駅伝”となったのです。

コースは 栗生橋から安房の屋久島町総合センターまでの37.5kmで
19区間に区切って 各地区19名の走者が交代をして走ります。

第1走者のスタート地点の栗生体育館で開会式が行われ、
その後バスでそれぞれの区間の出発地点へ移動しました。

我が家の真ん中ちゃんも補欠選手で 今日のこの日を迎えるに当たって
2度の試走に参加して準備してきました。

駅伝2.jpg

駅伝1.jpg

結果、2時間33分10秒で 我が、永田・口之永良チームは12チーム中10位という成績でした。
1位は宮之浦で2時間16分29秒。島1番の人口を誇る宮之浦はやはり、強かった!!
ちなみに宮之浦の人口は3200人で 島の全人口の14000人の1/4にあたります。対する永田は480名ほど。2位は2番目に大きな町安房でした。
いえ、いえ人数のせいにしてはいけませんよね。
来年は応援ももっと頑張るぞお!!

走者の構成は、小学男子・女子各2名、中学男子・女子各2名、高校男子1名、青年男子2名、青年女子各1名、
30代男子2名、30代女子1名、40代男子2名、40代女子1名、50代男子1名の合計19名です。

いくつかの年代で女子の方が少ないのは?です。50代女子は枠さえないし。
永田でもとても速いおば様が居るのになあ、と残念に思のですが、???。
どなたか理由をお分かりの方は、お教えください。

永田では、夜に走者と補欠が集まって 公民館で”反省会&お食事会”がありましたが
出かけていく真ん中ちゃんを見て 我が長男君は、「来年は、必ず補欠にはなってやるう!」
とのたまっていました。

んっ?それって どういうこと?「選手になってやるう!」ならわかるけど!?
posted by パイン at 23:08| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | rururaるるら の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

永田から はじめましてrururaるるらです

はじめまして。屋久島の北側、永田地区在住のrurura(るるら)40代女性です。
私も今月から『屋久島田舎暮らしのブログ』を担当させていただきます。
よろしくお願いいたしますかわいい
屋久島へは今年の3月に京都から引っ越してまいりました。
まだまだ、子育て真っ最中の3人の子どもの母ですわーい(嬉しい顔)

画像 013.jpg

永田地区は日本一のアカウミガメの産卵地として有名な ”いなか浜” あり、
大岩の間を清流の流れる ”横河渓谷(よっごけいこく)” あり、
九州で2番目に高い山 ”永田岳” ありと
海・川・山とそれぞれに美しく 変化に富んだ大自然が広がる地域です。

画像 014.jpg


画像 242.jpg

島の北西部どんつきの町で、南と反対で海に夕陽が沈む
”夕陽の町”としても知られています。
また、その先は世界遺産地区の西部林道となっており
屋久じか・屋久ざるが数多く生息し、そのかわいい姿を間近かで見ることが出来ます。

画像 335.jpg

さて、いきなりですが、お知らせをひとつ。
只今、仔犬のもらい手を募集中!!

koinu1.JPG


koinu2.JPG

永田のナチュラル雑貨&カフェOHANA Cafe のサンちゃんが仔犬を7匹産みました。
3匹はすでにもらわれて行き、残る4匹の里親さんを募集中です。
10月2日産まれで垂れたお耳のかわいい、コロコロ太った仔犬ちゃんたちは おとなしい子ややんちゃさんや性格もさまざま。いまのところ、女の子も男の子もおります。

是非、永田のOHANA Cafeまで来て見てください。
県道沿い、えびす展望台のすぐ手前です。

では、また。るるらでした手(パー)
 
posted by パイン at 19:12| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | rururaるるら の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする