2010年08月09日

久し振りの普及審判員研修

前回ご報告したG・B普及審判員の試験結果が出て認定講習会の開催案内状がきました、講習会には若い人も数人参加しましたので、この様子を通してこの際にG・B競技を紹介したいと思います。
認定講習会に参加するのは、随分昔、得意とする趣味の普及指導員になったとき以来で、そのときはグローバルなものだっただけに想い出が沢山ありますから、機会があれば報告したいと思います。
Untitled0.bmp

講習会は10時から午後3時までの1日掛かり、午前中が審判員に関する基本態度と申合わせ事項や競技者としての留意事項などの講義、午後からは実技と審判員の資質を解説して頂きました。
講習会の様子は翌日の圧姫杯(レディース)予選に審判員予備員として出掛けることになりましたので、審判員という競技者とは異なる目線で見ながら、G・B大会の概要を記述させて頂きます。
Untitled1.bmp

大会の当日は断続的にドカ雨が降る天候で宮之浦から屋根付コートに変更となり、尾之間に向う途中、モッチョム岳には大会を祝うかのように色濃い大きな虹が岳に掛けられていました。
ゲートボールはフランスで始まりイギリスなどのヨーロッパに広まったクロッケーをヒントに終戦間もない頃日本で考案された競技ですが、競技規律を重要視する競技であることに驚きました。
Untitled2.bmp

このため試合開始前には審判委員会を開いて、広いコートに隈なく目を光らせるために大切な主審と副審との連携を円滑に図れるようにする審判団の連携動作と役割などについて打合せします。
この委員会が開かれている時間帯は競技者たちが対戦相手や競技時間などを確認してから、自分たちが使用するコートで開会式が開始されるまでの間を練習時間に当てています。
Untitled3.bmp

G・G競技は玉突きに例えるとテーブルで球突く人(ハスラー)が球の数だけ居て、二手に分かれ点数を競い、2タッチ、3タッチなどの技でテーブルの主導権を競って相手を弾きだすことも重要です。
テーブルにはゴールまでに3つのゲート(通過関門)があり、競技者たちが規律を保ち円滑にゲームを遂行させるのが審判員で、大会の良し悪しが掛かる要(かなめ)ともいえる重要な存在です。
Untitled4.bmp

役割を野球で云えば試合を公平に運ぶマネージャーのようなもので、野球人気を維持する責任を負う責任と権限が与えられているけども、G・Bに情熱を持つ人でなければ勤まらないように思えました。・・・続きを読む
posted by パイン at 23:01| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | KK・アセビ の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

屋久島「エラブ八景」西部地域

屋久島「エラブ八景」巡りの最後は口永良島西側(ヒョウタン形の小さい方)3箇所の巡りです。
朝7時半に本村を出発して分かれ道を左折(西へ)すると、後は、番屋ヶ峰越えをして「エラブ八景」の一つである島の西端岩屋泊海岸まで下りの1本道です。
山道は東部山岳地域ほどの厳しさはありませんが、曲がった笹竹や小枝が行く手に落ちていますので、スピードを落として前方を注意しないと乗り上げて思わぬ衝撃を受けることがあります。
Untitled1.bmp

途中、梅雨時に降ったドカ雨の影響で、道の崖が崩壊している箇所が目立ちます、暫らく進むと道が突然左折すると穏やかな入江を持った岩屋泊の海岸が広がりました。
海辺に近づくと浜辺に向う竹林の道が急傾斜となっているので、帰路を考え自転車とリュックを置いて水筒とカメラと手拭い(海水浴用)だけの身軽さでとなって徒歩で進みました。
Untitled2.bmp

目の前に青く果てしなく広がる水平線には靄が掛かっているようで、硫黄島は目の前に浮んでいますが、九州鹿児島の開門岳までは残念ながら望めませんでした。
浜辺は穏やかで広々とした遠浅の海岸は海水も透明で足元がよく見えていて人っ子一人いないのでまるで浜辺全体を一人で借り切った裕福な身分になった気分です。
ここは東シナ海の荒波がもろに押し寄せる南海の浜辺、監視人もいない海水浴場に一人で長居すると危険もあり得るので、次の目的地である番屋ヶ峰へと向いました。
Untitled3.bmp

八景の一つ岩屋ヶ峰は口永部島西部(小さい方のヒョウタン)の横断道から北の小道を登ったところ、ヒョウタンのほぼ中央に当たる山の頂上付近にありました。
頂上は電波塔やかって利用された建築物がありますが入れません、北側しか眺望が開けていませんが山越しに東シナ海の眺望は素晴らしく、硫黄島と思われる島影がぼんやりと見えました。
Untitled4.bmp

ここから八景の最後となる新村までは島の急傾斜に沿った道を南へと下ることになります。
横断道から海側に向うと斜面状に広がる山肌の草原には黒牛が草を食む光景が至る所で見られますが、更に南へ進むと牧場の南端である海側は切り立った荒々しい海蝕崖の景観が望めます。
Untitled5.bmp

海蝕崖に沿って進むと草原の道は照葉樹林帯に入ると、森の奥まった木陰に何時の時期に建てられたのかひっそりと新村開拓120周年の記念碑がありました。・・・続きを読む
posted by パイン at 08:38| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | KK・アセビ の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

屋久島の海辺で満月ライブ

夏、満月の夜に眺望のよい麦生でジャズのライブが開催され約80名のフアンが集まりました。
演奏者は九州〜屋久島でサマーツアーを続けている「たけしこうじ」さん、天候は水平線に霞のような雲が掛かっていますが期待する満月は見られそうな空模様です。
会場は県道から海辺へと150mほど下った海辺の眺望に恵まれた場所です。
000-1.JPG

ライブ開始は満月が海から昇る(7時20分頃)のを待ちましたが、夕暮れが広がると会場の真向いには洋々とした海から大きな満月が顔を見せる最高の舞台でライブが開始されました。
麦生の海岸に昇った満月は見事なものでした、水平線の雲が赤みを帯びると次第に赤みが大きくなって満月が顔を覗かせると、ゆっくりと大空に浮び上がりました。
満月の明かりに照らされた海、空、雲、細波と打ち寄せる波の音、自然の神秘的且つ幻想的な光景に久し振りに無心になって見惚れてしまいました。
夕暮れの写真は闇夜を連想させますが、満月の月明かりは外灯並みの明るさがあります。
001-1.JPG

期待したように素晴らしい野外の環境の下でライブ演奏が始まり、観客は夕闇の中で満月の光に照らされて演奏する演奏者を見ながら奏でられる曲に耳を傾けていました。
観客の聴きかたも色々、満月を背景にして演奏する演奏者の真正面に場所を構えたり、海辺の断崖も見える斜めのアングルからなど好みの場所に席を構えて聴き入っていました。
ジャズの本場はニューオリンズ、ネルギッシュな曲をバーボン片手に聴くことをイメージしましたが、クラシックなリズムはスコッチ片手にじっくりと聴く方が相応しい曲目でした。
002.JPG

野外イベント会場の背景役を勤めている満月も演奏を聴きながら空に浮ぶ雲や海面を相手に楽しんでいるかのように、色々なシルエットを作り出していました。
月影も色々で、魚が泳いでいるような雲、満月を中心にして取り囲む妖精たち、投光機を持ち出して光束で海面を照らし出す等など屋外舞台作りを海面と協調しながら演じていました。
003-1.JPG

観客側の楽しみ方も色々で、演奏者の正面に陣取ってかぶりついて聴く家族組や二人ずれ、少し離れた場所に友人と腰掛けて飲物で涼をとりながら聴いている人たち等などです。
夕食を取りながら観戦する人たちのために準備されている食事・飲物コーナーも賑わいを見せていて、飲物を求める人、明かりが灯る食堂にも多くの人たちの人影が見受けられました。
屋久島だからこそ可能になった自然の中で、海と山が奏でる屋久島の風景の下、満月、海、空などの自然のパノラマの中でイベントに心が癒される充実感に浸ることができました。
Untitled2-2.bmp

自作のジャズを中心に演奏は続いていても若い人たちも中々動き出す気配が全くありません、会場の盛り上がりが何時まで演奏が続くのか我々には予測がつかない雰囲気でした。
我々年配者組は明日に備えて一足先に会場を後にしましたが、帰りの夜道を大きな満月が雲に隠れることもなく道を照らしながら県道に辿り着くまで我々を見送っていてくれました。
posted by パイン at 06:09| 鹿児島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | KK・アセビ の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

屋久島「エラブ八景」南東地域

今日は島の東側の山岳地帯を回る厳しいルートなので余裕をみて朝の6時半に起きました。
昨夜は湯向温泉でゆっくり汗を流したので目覚めは良く、天気にも恵まれて晴天です。
朝食を取ってから7時半、島の東側山岳地帯にある活火山古岳の火口を目指しました。
湯向からは山岳が目立つ通り傾斜13度前後もある坂道、朝でも日差しを受ける暑さを受けると汗が滝のように流れる上にリュックの重さが加わると息が切れて意外に厳しいものです。
img407.jpg

民宿の方がくれた2gペットボトルの氷も解けていくのが分るほどの速さです。
日射病に気をつけながら木陰に止まって小まめに水分補給を繰返すうちに周りの眺望が次第に開け、照葉樹林帯から古岳の山頂が次第に姿を現しました。
間もなく七釜登山道入口に着きました、名前の由来は硫黄生産のために七つの釜があったからです。 
ここはかって、硫黄生産のために形成された集落があって40戸前後が住んでいましたが、昭和8年、9年に起きた新岳の激しい噴火で廃村になってしまったとのことです。
連結画像-2.bmp

登山道は照葉樹林帯で登山道はありませんが木々の枝には小まめに登山ルートを示す赤いテープが結び付けられているので、一人で登っても道を間違えるようなことはなくて安心でした。
最初の500mまでは鹿が身近を走り回っていて比較的緩やかな道でしたが、500mを過ぎると急勾配になり木の枝を掴み体を持ち上げて登るようなところも幾つかありました。
900m付近からは海抜が高いためか木の背丈が低くなり、ルートの目印は急な道を避けるかのようになだらかな道に、日差し強く降り注ぎましたが、幸い雨に備えて持参した傘が役に立ちました。
連結画像-0.bmp

やがて木も生えなくなる高山植物地帯になりましたが、ここでも幸いなことに今年はさくらツツジが絨毯のように咲き残っていて、足の疲れを吹き飛ばしてくれました。
頂上に近づくにつれ礫石の割合が多くなってゴロゴロと足に絡む地面に注意しながら登っていると斜面が途切れたので、その場所に登り着いたら、そこが古岳の火口でした。
連結画像-1.bmp

火口の直径は50mほど、火口内には黄色いガスと硫黄の臭い噴出され、附近に漂っていました。
かっては、ここで硫黄を採掘していたはずですが、今ではその採掘跡も残っていませんでした。
帰りは下り、日差しも厳しく感じないうちに森の中に戻ったので思ったより楽な道程となりました。・・・続きを読む
posted by パイン at 22:15| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | KK・アセビ の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

屋久島「エラブ8景」北東地域

屋久島の西方12kmに浮ぶ口永良部島は霧島屋久国立公園に属して、宮之浦から1日1便が往復して1時間40分で口永良部を繋いでいますので、気楽に行くことができます。
平成19年この島が国立公園に編入された時、口永良の島民はお勧めのビューポイント[エラブ8景]を纏めていますので、長い梅雨が明けたので、早速、7月19日にサイクリングしてきました。
連結画像-1.bmp

口永良部行きフェリー太陽は町営で408トンと小型ですが新しい船で、2等船室は小奇麗でテーブルセットがあって同乗者との話し易く、自転車は料金320円ながら丁重に扱われていました。
宮之浦13時発(奇数日)フェリー太陽のフェリーに、船は屋久島の永田地区から一路口永良島へ進路を変えると島は見る見る大きくなり、断崖に囲まれた緑の岩肌の括れた奥に港がありました。
連結画像-1.bmp

14時40分予定通りに船は本村港(南側)に接岸すると自転車を引取って早速島を横断して北側、温泉がある西の浜へ行くと、温泉は景観が広がる西の浜海水浴場の浜辺にありました。
連結画像-2.bmp

温泉の浴槽は男女別ではないが入浴中は標識で知らせて、海水パンツを着けたままでも入れます。
一汗流して今夜の宿泊地の湯向(ゆむぎ)へ、途中エラブ8景の一つ変化に富む自然海岸で最良の湯質を持つ寝待温泉に寄りましたがこの梅雨の豪雨で土砂に埋まっていて行くことが不可能でした。
連結画像-1.bmp

ならばと、もう一つの8景永迫(ながさこ)へ向うとモーターは唸りを上げて順調に山道を登り切り、山岳地に広がる牧場地帯に牛が草を食み、鹿が跳び走る光景を見ることができました。
いよいよ宿泊地の湯向へ、坂道を下りきり海が見えるとそこが湯向の港、港近くの畑の中に背を屈めるようにした集落が並んでおり、お目当ての区役所の陰に湯向温泉はありました。
連結画像-1.bmp

湯花が浮ぶ温泉は透明に透き通っていて24時間何時でも、入浴料金200円を一旦料金箱にいれるとその日は何回でも入ることができます。
一風呂浴びたら夕食、近海で取れたばかりの魚に大型の貝類のサシミ、炭焼きなどボリュームがあり、それに島特産の真竹や野菜類の料理が加わって盛りだくさんです。
焼酎を飲みながらこれらの料理を食べると美味しいこと、食事をすると云うよりも口永良部の料理を楽しみながら島の方との交流の場を楽しむと云った方がピッタリでした。
ご満足な食事や民宿の方々の持成しに旅の疲れもすっ飛んで、知りたい島の情報も色々と聞きながら世も深けてしまったので、頃合をみてお開きになりました。
こちらは再度、湯舟に心行くまで浸ったから宿に戻り眠りに着いたことは云うまでもありません。
posted by パイン at 23:55| 鹿児島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | KK・アセビ の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

ゲートボール審判員試験を受けて

G・B委員から勧められていた県下一斉に行なわれる3級レベルのG・B審判員資格試験の受験案内が鹿児島県ゲート・ボール協会(G・B協会)から届きましたので受験することになりました。
鹿児島県はゲート・ボールが盛んな県の一つであり、最近の全国選抜大会で4クラス全てに選手団を送り込んで、ミドルクラスでは全国制覇を、シニアクラスでも準優勝を果しています。
屋久島でもG・BはG・G同様大変盛んなスポーツ、毎月1回程度の大会があり、多くの人々との交流、土地の人たちに溶け込めることなどで屋久島暮らしを楽しむにはお奨めのスポーツです。
000.jpg

受けるからにはとG・Bのルール解説書を借り勉強すると、ルールは審判員任せでゲームを楽しむ我々競技者とゲームを楽しく進行させる審判員とでは楽しむ立場が大きく違っているように思えました。
学修する範囲は競技方法(試合開始〜試合終了)から始まって審判のジャッジ動作を含む競技者たちのマナー、競技場と使用する用具等など審判員の指導力が強く求められています。
審判員試験は我々の地区のG・Bコート横の交流館内で9時半から申請手続きが始まりました。
001.JPG

この会場には15名の受験者数(我々の地区の受験者3名と多い)が集まり、会長の審判員試験の現状などを説明した後、審判委員長の試験の説明に続いて筆記試験が行なわれました。
試験の内容は余り覚えていませんが、競技場の構成・用具、チームの構成・任務・服装やルールなどの基本的なことから競技のルールなど実技の成否に至る判定を確かめるなど広範囲に亘っていました。
試験を受けるのは久し振りなので、最初は鉛筆や消しゴムが手に馴染まずに手こずりましたがそうはいっておれません、およそ2時間の試験に冷や汗交じりで緊張感を保ち最後まで頑張りました。
002.jpg

実技の試験は1ヶ月後に試験の結果を待って1〜3級合格者全員を対象に行われますが、実技は予め示されて全員が同じ、合格点が1級:70点、2級:50点、3級:35点とかなり厳しいものです。
屋久島でも人気スポーツであるG・BやG・Gは団体スポーツなので見ているだけでは分り難いですが、一度仲間に入れてもらうととても面白いスポーツなので、Iターン組も沢山参加しています。
003.JPG

試合は1チーム5名、第一ゲートを通過してゲームの一員になり、第二・第三ゲートを通過し中央のポールに当てると上りですが、その過程で仲間を進めて相手を弾き出すなど高度なバトルがあります。
このため大会に出場するチームの戦術はまちまち、名の知れた強いチームの戦術は特にユニークで、ルールを有効に活かし初めは目立たない場所にいて敵の群れが出来ると一騎当千で敵を追出す。
敵の群れに刺客を送って敵を追い散らす、仲間でスタートライン近くたむろしていて時期が到来すると2タッチや3タッチで移動回数を稼いで移動して敵を出して終了間際に点を取る等などです。
このような戦略が取れるチームは各選手が高度なボール・コントロール技術を持つからこそ出来る、審判員試験の実技試験に向けておれから練習を積み重ねれば同様に可能だと勇気付けられます。
004.JPG

実技試験まであと1ヶ月ですが、G・Bコートに出向いてはしばらくの間、仲間同士で目標を持ってスポーツを楽しみながら体力の向上と健康の維持に努めてみるのもまたいいものです。
例え社交性に乏しくても、無理のない程度に前を見つめて新たな楽しみを見つけ出し屋久島暮らしを充実させていく、これもまた暮らし方の一つになっているのだと考えている今日この頃です。
posted by パイン at 21:42| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | KK・アセビ の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

七夕の日に年配組の誕生会

七夕の日に熟年組誕生会が開催されましたので、誕生日のお祝いをするために保育園児たちと地区の有志とが地区センターに集まりました。
000.JPG

年長組みの園児15名と訪れて有志とが揃うと、先ず、園児たちが舞台に上がり1人ずつ自己紹介をしてから、七夕の歌を演奏したり踊りを踊ったりしてくれました。
001.bmp

我々有志も15人ほどがハッピー姿に衣更えして、園児たちや年配組たちを取り囲んでお座敷小唄のリズムにのって、日頃練習を重ねて覚えた踊りを輪になって披露しました。
002 .JPG

園児たちが熟年組の席に入り込んで手などを触れ合う友好的な仕草を始めると、年配組は久し振りにお孫さんと遊ぶことにとても嬉しそうで思わず笑みもこぼれていました。
園児たちを交えた家庭的な雰囲気の中での交流も何時の間にか予定の時間が過ぎ別れの時間となると手先が器用な方が手作りしたお土産品を記念にと保育園関係者全員に手渡しされました。
003.JPG

保育園たちは手織りの首飾りを参加者全員に手渡して全員が満足げに帰園の徒につきしました。
園児たちが去ってしまうと誕生会前半の部は終了し、全員が昼食をとりながら雑談する休憩時間です。
・・・続きを読む
posted by パイン at 12:03| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | KK・アセビ の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

尾之間で徒然草の朗読会

屋久島暮しでは珍しい部類に入るイベントですが、尾之間で徒然草の朗読会がありましたので、久し振り(50年振り)に古文の世界に触れたくなり柄に似合わないことですが参加してみました。
講師は屋久島暮しが長く30年近くになりますが、屋久島の様子が分かり一段落したときに目に触れたのが徒然草で、以降、徒然草の研究に嵌まり込んでいったとのことです。
その心境を独断と偏見で補足しますと屋久島には世界でも貴重な太古の自然、海は世界の何処へでも行けて、高く聳える山々から見える広い空は広大な宇宙に通じているからです。
このような屋久島の自然環境は未知なるものを追求して止まぬ兼好法師の強い精神と合い通じるものがあり、屋久島の奥深い魅力を追求する上で法師を研究していることが想定できます。
000.JPG

出席簿に名前を記入してテーブルに着くと今回朗読するページ(第七十四段から百十二段までの四段)の小冊子が製本されていて、出席者全員(20名)に手渡してくれました。
やがて講師が小冊子を開いて各段(章)毎に朗読を始めると全員がじっと聞き入り、中には目を閉じたまま時おり記述事項に同感するかのようになずく人も3〜4名見当たりました。
01徒然草.jpg

朗読(講師の解釈付)はゆっくりと落ち着いた声で話されて暫くするとここらで5分休憩しましょうとのこと、高校で国語2の授業では長く感じていたのに既に40分が経過していました。
休憩後に後半の朗読が続き40分間淀まることなく続いて1時間半、高校時代には何にも分からなかったのに、聞き終わると兼好法師の述べていることがぼんやりながら掴めたことには驚きました。
朗読会も後半の部に入り、朗読(小冊子)に対する質疑応答は随筆について詳しい人が多く、聞き入る内に古文の魅力を感じ取っていく様子が感じ取れるようで、文学に対する苦手意識も抜けました。
002.JPG

講師が選んだ文章は兼好法師の人生観に関する記述部分を選んでおり、法師の描く人生観が我々凡人の視線からではなく、人間を超越し時の流れなど広範に捉えられているように思えました。
続いて小冊子から離れて(別の段)講師好みの記述文を紹介してくれましたが、奉仕の女性観、美意識、季節の微細な表現、才人たちの人物評価などを読むと何故か魅力を感じさせる味が感じられました。・・・続きを読む
posted by パイン at 05:41| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | KK・アセビ の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

G・G大会に「縄文の宿まんてん杯」が誕生しました

屋久島の元気、来島者の満足と交流の機会をより活発にするためにと、この地でも盛んなスポーツであるGBの町内大会に「まんてん杯」が新たに誕生しました。
この記念すべき最初の町内大会が6月最後の日曜日に開催されましたので参加しました。
0000.JPG

GBの歴史は古く、戦後間もない時期に子供達が計画性をもって屋外で運動するようと考案されたのが始まりで日本全土に広がりましたが、何故か現時点では愛好者の年齢層が偏っています。
試合は各チームが一丸となって最大の効果(得点)を目指す建設的な試みが魅力があり、GBについて広く知って貰いたいと思っていますが、ブログ報告例はまだ少ないのではないでしょうか。
記念すべき最初の開催地は宮之浦が予定されていましたが前日までの梅雨の天候を配慮し尾之間の屋根付競技場に変更されましたが、当日は久し振りにお日様が顔を見せてくれました。
0001.JPG

GB会長の大会宣言がなされた後、先ずは大きなスタート・ゲートに向け開催者たちの始球式です。
先ずラジオ体操、若人達の健善育成のため生まれたスポーツだけに健康第一、勿論試合の方も大切で勝敗よりもチームの団結力を優先して、協力により獲得した点数が勝敗よりも優先します。
0002.JPG

参加数は22チーム(1チームが棄権)、5つのコートに分かれて試合が始まりました。
GBは、チームの技量もさることながらチームリーダーの技量と統率力の方がよりものを云うようで盛んに選手に指示を出しますが、我が道を行く選手も出るのは統率力が問われているのでしょう。
0003.JPG

新人の私でも早くGBを覚えるようにとの春牧チームの皆さんの配慮で記録係を引受けることになり、記録係を勤めることにより各チームの戦力や作戦を理解しながら試合を楽しみました。・・・続きを読む
posted by パイン at 21:45| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | KK・アセビ の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

永田校区でのカレーパーティー

久し振りに永田地区かの友人らカレーパーティーの案内状が届いたので参加しました。
以下に永田地区の紹介と永田校区(永田、吉田、一湊、志戸子)のパーティーの模様を報告します。
0001(0).bmp

永田地区は屋久島の北西にあるバスの終着駅、世界自然遺産である西部林道の入口でもあり永田川の入江に開けた集落で、九州最高峰の宮之浦岳や永田岳などの奥岳が間近に見えます。
0001(1).bmp

又、入江には緑に囲まれて大きな亀のオブジェなどが建つ中地公園(今年始めて白鳥のツガイが飛来)や漁港、更には温泉や一湊漁港や海水浴場もあって古くから開け漁港と歴史を持つ地域です。
0001(2).bmp

漁港の近くには口永良部島「温泉や手付かずの磯がある楽園」があり、船で食接行くことができます。
カレーパーティーに集まった場所は永田大橋の手前で海側にある喫茶「おはなカフェ」でした。・・・続きを読む
posted by パイン at 06:29| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | KK・アセビ の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする