2019年05月16日

田んぼのアマサギとタシギ

05アマサギ4285.jpg


05アマサギ4281.jpg


田んぼに貼られた水と稲の緑が美しい季節。

鳥たちもやってきます。

アマサギ(上写真)。

とタシギ(下写真)。

アマサギのこの綺麗な色は、夏限定。

繁殖期になると、頭、胸、背中の羽毛がうすいオレンジ色「亜麻(アマ)色」に変わります。

05タシギ4284.jpg


こうゆう景色を見ていると、とても平和な気持ちになります。

当たり前のように感じる、何気ない景色。今年も見ることができて幸せです。

【アマサギ(猩々鷺、飴鷺)】
学名:Bubulcus ibis
ペリカン目サギ科アマサギ属

【タシギ(田鴫)】
学名:Gallinago gallinago
チドリ目シギ科タシギ属


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

トビウオ(がたんこ)

0512ガタンコ4350.jpg


0512ガタンコ4347.jpg


0512ガタンコ4344.jpg


トビウオをいただきました!

嬉しい!私もニャンコも大喜び。

ガタンコという小さなトビウオです。

0512ガタンコ4346.jpg


0512ガタンコ4349.jpg


なんて綺麗な青なんでしょう!!

光のスペクトル。美しい。。。

しばし見とれました。

ガタンコは小さいので、このまま内臓をとって、

唐揚げにします。

いただきます😊



posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

ヨモギを保存

0508アンちゃんとヨモギ7554.jpg


0508アンちゃんとヨモギ7553.jpg


庭のヨモギ。

勿体無いので、柔らかい葉っぱを乾燥!

今回は、さっと茹でてから乾燥させました。

ニャンコも応援😊

0512ヨモギ4351.jpg


晴れてくれたので、二日で乾きました。

友人曰く、一掴み塩と一緒にご飯と炊く、ヨモギの炊き込みご飯がとても美味しいとのこと。

やってみます。

ヨモギは日本だけで35種!

その種類によって、炊き込みご飯の美味しさが変わるそうですが、

屋久島のヨモギで作ったのは、絶品だったそう。

感想しても、とってもいい香りです!

日本のキング オブ ハーブ!

庭に生えてくれてありがとう!

【ヨモギ(蓬)】
学名:Artemisia indica var. maximowiczi
キク科の多年草。
別名:モチグサ(餅草)、エモギ、サシモグサ、サセモグサ、
サセモ、タレハグサ、モグサ、ヤキクサ、ヤイグサ

posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

ヘゴの切り口

05ヘゴ7531.jpg


05ヘゴ7528.jpg


05ヘゴ7530.jpg


05ヘゴ7526.jpg


05ヘゴ7527.jpg


庭のヘゴを何本か切りました。

庭にあると、とても美しいのですが、

ちょっと多いので、、、。

ヘゴの切り口は、本当に面白いです!

wikipediaによると、、、

>茎から出る無数の不定根に厚く覆われ、基部が太くなる。

とのこと。茎に見えている部分は、根っこなんですね!

※不定根とは、、、、 根以外の部分,すなわち茎から2次的に発生する根。

着生ランなどを育てるのに、適しているとのこと。

ヘゴ板として、販売されていますね。



【ヘゴ(桫欏、杪欏)】
学名:Cyathea spinulosa
ヘゴ科の常緑性大形の木生シダ

参照ページ:木生シダ wikipedia
幹の構造
シダ綱の植物の茎では中心に師部に包まれた木部をもつ原生中心柱、髄を囲む環状の木部の内外を師部が包む環状中心柱、あるいは環状の維管束から葉への維管束が分枝してあちこちに穴(葉跡)が開く網状中心柱を持つ





posted by パイン at 20:15| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

カクチョウラン(鶴頂蘭)

0506ラン7478.jpg


カクチョウラン(鶴頂蘭) 屋久島の自生蘭。

こんなに美しい花が、薮の中で咲いているのを見たときには

驚きました。

斜め横から見ると、鶴が飛んでいるような花の形なので、鶴頂蘭。

蘭の花って、ただ明るいだけじゃなくて、

なんか影がある感じの美しさですね😊



05カクチョウラン7476.jpg


05カクチョウラン7479.jpg


【カクチョウラン(鶴頂蘭) 】
学名:Phaius tankervilleae
種子島・屋久島以南に分布
日本最大サイズの蘭
花が終わると梅雨入り

参照ページ
http://www.orchidjaos.gr.jp/contents/species/species0105.html
posted by パイン at 18:10| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする