2018年12月31日

本年も読んでくださりありがとうございました。

1231マガモ.jpg


穏やかな大晦日。

みなさま。

今年も、このブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

私も、たくさんの生命に出会うことができ、とても豊かな一年でした。

来年もまたよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください

新年が、みなさまにとって、幸せが満ち溢れる年でありますように。

0101太鼓01.jpg


今晩は、恒例の益救神太鼓年越祭です。

肚に響く太鼓の音と、炎。

とても迫力があります!

雨具、防寒着、早く来た人は座れるのでシート持参。

【第34回 益救神太鼓年越祭】

★ 場所:宮之浦益救神社境内
★ 日時:H30年12月31日
     神事 23:00〜 太鼓演奏 23:45〜

【神幸祭(練り歩き)】

★ 場所:宮之浦区公民館下〜益救神社
★ 日時:H30年12月31日、21:00〜

 善の神と悪の神が太鼓の打ち合いをして練り歩きます。
 その後、年餅を配ります。

posted by パイン at 12:08| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

屋久島の山も雪化粧

1229積雪1860.jpg


1229積雪1865.jpg


屋久島も急に冷え込んできて、山は積雪。

白く雪化粧しています。

ヤクスギランド線のバスは自然館折り返しの運転。

町道淀川線ヤクスギランドから淀川登山口は、積雪凍結で通行止めです。

1229積雪1866.jpg


雪の積もった太忠岳の写真を撮りたかったのですが、

雲で隠れていました。

先週までが暖かすぎたので、やっと冬らしくなりました。

人間的には、暖かい方が過ごしやすいですが、

あまりに暖かすぎると、自然の生き物たちに影響があるんじゃないかと考えてしまうので、

ホッとしています。





posted by パイン at 09:00| 鹿児島 | Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

アオサギ。明鏡止水。

1227サギ1853.jpg


1227アオサギ1852.jpg


1227アオサギ1850.jpg


屋久島も急激に寒くなりました。

山は雪が降りそうですね。

写真はいつも散歩に行く海岸に佇んでいたアオサギ。

群ではなく、一匹だけでいました。

どこか遠くを見ていたかと思うと、おもむろにゆっくりゆっくり動き出し、

またじっと佇んでを繰り返していました。

あまりに幻想的な景色にしばし見入りました。

この後、離れたところにアオサギが飛んできたら、

そちらの方向に飛び立って行きました。

1228アオサギ後ろ姿1832.jpg


1227アオサギ顔1835.jpg


明鏡止水・歩くアオサギ 屋久島 yakushima




posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

セクシー大根

1225セクシー大根1829.jpg


1225セクシー大根1830.jpg


先日、友人にいただいたセクシー大根。

男の子です

冬、大根が美味しいですね!!

大根はスープにカレーに、サラダに漬物にと、、、、冬の間よく食べます。

夏でも食べたくなる時があるくらいですが、

やっぱり旬の時期に食べるのが、一番美味しいですね。



なぜ、このような大根ができるのか?調べてみたらいろんな要因があるようですね。

@根の先端にある成長点が何かの理由で障害を受ける。(肥料や土の塊、石などの異物)
A耕し方が浅いから。
B元肥を真下に入れた。

商品にするんだったら、困るのかも知れませんが、

食べる分には、なんら問題ないし、

なんなら、美味しさに楽しさがプラスされていいですね。



posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

森の中の赤。ツチトリモチ

1207ツチトリモチ03.jpg



1207ツチトリモチ.jpg


1207ツチトリモチ02.jpg


緑の苔の中で目をひく、真っ赤なツチトリモチ(土鳥黐)

学名:Balanophora japonica ツチトリモチ科ツチトリモチ属の寄生植物。

根茎をすりつぶして鳥もちを作っていたことから、この名前。

表面にある無数の粒々は花でも実でもなくて花と花の間にある小棍体(しょうこんたい)と呼ばれている突起物。

花と実はこの小棍体の下にあるそうです。


ツチトリモチはハンノキやクロキなどハンノキ属の植物に寄生。

そして、自らが寄生主に根を伸ばすのではなく、

寄生主の根を体内に引き込んで吸収するという方法を取るそうです。

雌雄異株ですが、見られるのは雌株だけで雄株は今まで発見されていないとのこと。

不思議ですね!!

森の中の地面はどんな風になっているのか、見られないけど、

見てみたい!いろんな生き物の根っこや菌類が混在して、交流し、

豊かな森になっているのでしょうね。




posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする